--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/16 (Wed) 僕たちに出来ること・・・

3月11日東日本大震災

被災地では未だ被災者の救出活動が続き、原発の火災もあり放射能汚染の恐怖にさいなまれ、先の見えない不安とライフラインの確保に悩む日々・・・

救済活動をされてい自衛隊の方々やボランティア活動されている方々や原発で格闘されている方々に、強く尊敬の念をおぼえます。

震災当日の事・・・
 当初、予約で満席の状態だったのですが、予約の方は当然来店できず、連絡も取れな状況で非常に不安な状況でした。
一方で、近所にお勤めの帰宅難民になってしまった常連さんに多数ご来店いただきました。

 とにかく余震で続く緊張感を少しでも癒せればという気持ちだけでおもてなしをさせていただきました。
予想外の流れで、恥ずかしくもばたついてしまう場面が多々ありましたが、お帰りの際に「ありがとう」のお言葉を多数いただきました。
 僕たちこそお礼を言いたいくらいなのに、そこでいただいた「ありがとう」に心を震わせられました。

 今もなお続く不安な状況の中、僕たちのすべきこと・・・些細なことかもしれませんが、皆様の心を癒すお手伝いをさせていただくべくお店を通常通り開けさせていただく決意を固めました。

 そして、ガソリンが不足などの影響もあり物流の不安が増幅してきている今、コンビニエンスストアでパンやサンドウィッチなどの商品がまったく棚に並んでいない状況で、近隣に在住される方やお勤めの方がお昼ご飯で大分頭を抱えていらっしゃるということ・・・
 
 そこで、明日からテイクアウトのスープ付きサンドウィッチセットを始めます。

 【スープ付きサンドウィッチセット 500円】

種類は

●ツナとハーブサンドセット

●ローストポーク&モルタデッラハムサンドセット


の2種類です。

どちらもミネストローネがついて500円!

sandwich.jpg

撮影した後、ランチ終了後のまかないとして食べたのですが・・・
凄いボリュームでした

実は今日の1食目だったのですが、今日のご飯はもういらない感じ・・・

十分ご満足いただけると思います。

僕たちが今できること・・・

節電対策と飲食店としてお食事と癒し空間の提供・・・

きっと他にも出来ることはたくさんあると思います。

「今ことをしてくれたら助かります!」

というご意見・ご要望がございましたら、是非ブログのコメントでもメールでも結構なので、およせください!

とにかく今は何よりも助け合うことが大切なので、僕らに出来ることはなんでもやっていきたいと思います。

皆様の声をお待ちしてます!



スポンサーサイト

魅惑の食 | trackback(0) | comment(0) |


2010/02/17 (Wed) 至福の・・・?西麻布ツアー♪

先日ついに決行しました・・・

西麻布ツアー

以前共に働いたスタッフの飲み会・・・?まぁそんな感もありますが・・・

先ずは待ち合わせは、僕が立ち上げから2年前まで3年間勤めたWALNUTS・・・

walnutsentrance.jpg



ここを運営しているテイクファイブは、表参道と恵比寿のレッドペッパーの他に、焼肉店 西麻布十々やまんぷくもやっているので、洋食の定番 海老マカロニグラタンやラザニアの他に黒毛和牛1頭買いしている牛肉料理は流石の一言

なんだけど、待ち合わせでこの後があるので、今回はエントランスのバー利用だけ・・・

walnuts.jpg


左にいるのが、今店長を務めるはじめちゃん・・・
はじめちゃんゴメン・・・今度は食事に行きます


そして次は・・・

日赤通り沿いにあるスコティッシュパブのヘルムスデール


今回はここの名物料理ハギスを彼らに食べて欲しくて、ここで食事をすることに・・・

ハギスという料理は、茹でたヒツジの内臓(心臓、肝臓、肺)のミンチ、オート麦、たまねぎ、ハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めて蒸した料理で、マッシュポテトを添えて盛り付けられている状態でサーブ

サーブされてからスコッチウィスキーをかけてマッシュポテトと混ぜて食べるんだけど、このお店では普通に柔らかく仕上げられたマッシュポテトと食感が残るように少し硬めに仕上げられたマッシュポテト2種が盛り付けられていて、そこにかけるウィスキーはタリスカー・・・贅沢にも

混ぜて食べる前の状態はこんな感じ・・・見た目はあまり美しくはないのですが、味は最高です

hagis.jpg


で、このお店に入ったらファーストドリンクのオーダーの仕方は・・・

「スカタリまっすぐとバスペールエール パイントお願いしま~す」

通訳すると・・・

タリスカーのストレートとチェイサーにバスペールエール大ジョッキで・・・みたいな感じ

イタリアンとかフレンチとかやっていると、スコットランド料理って触れることもないし、同じ洋食でも文化が相当違うから味わって欲しかったんだけど、期待通り楽しんでもらえました♪

そして一番奥の僕の隣にいる方が、オーナーの村澤さん

helmesdale.jpg


一昨年ストティッシュパブのオープンに僕が携わった時に、めちゃくちゃお世話になった方なんです

さて、ここで食事とスコッチを楽しんだら、名残惜しくとも移動・・・普段は明け方までいちゃったりするんですが・・・

西麻布3丁目で待ち合わせて南青山7丁目で腹を満たしたら、最も僕が出没している西麻布2丁目までタクシーで・・・

2丁目の一軒目は、オーナーに公私共にお世話になっているワインバーBar BROS


BarBROS.jpg



ここの内装で使われているプリザードフラワーは、オーナーの一人鶴岡 潔さんが経営するIDEA FLORAで扱われているんですよ☆

ご興味がございましたら問い合わせてみてください♪


で、僕がもたれかかっている様に見えるこの人が、店長の森さんです (・・・そろそろ酔いのピークが近づいてきている感じ?)

bros.jpg

そしてこの後、僕のセカンドハウス・・・?After The Sunset
(電車がなくなるとここに来て一杯だけ呑んでそのまま寝て、ここから出勤てゆー事も・・・)


ここのエントランスをくぐると「おかえりー」とオーナーバーテンダーのコータから・・・
そして僕も何の抵抗もなく「ただいまぁ」

今回ここは写真とれなかったんだけど、決しておしゃれな小奇麗なお店ではありませんからむしろキッタネーお店です

ここは、西麻布の飲食店のスタッフのたまり場なので、オープンも大体12時頃からでピークタイムは明け方5時頃・・・窓がないので知らないうちに昼過ぎていることも・・・

ここのオーナーバーテンダーコータは、西麻布を盛り上げるために近所の飲食店に声をかけて太陽新聞という西麻布限定の新聞を手作りで発行していて、太陽際というイベントや桜が開花する前に若葉見の会を開催したり・・・挙句の果てに太陽リーグという草野球のリーグ戦も開催していて、もともとは太陽リーグの祝勝会をウォールナッツで開催した時に知り合った仲

僕が最も尊敬する友人の一人です♪

とまぁ・・・この後、近所のかおたんラーメンでラーメンを食べたのは憶えているのですが・・・・

気がついたら家にいました

そして、夜中に普段食べることのないラーメンのお陰で二日酔い・・・というよりは胃もたれに苦しんだ翌日

また、近いうちに他のお店も紹介しま~す

素敵なお店はまだまだたくさんありますから♪

魅惑の食 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/07 (Wed) 癒しの空間・・・♪

先日、いつもご夫婦でご来店いただいているお客様が、ジビエのコースをお召し上がりにご来店・・・

夏にはブイヤベースのオートクチュールコースをお召し上がりいただいたお客様。

その時にコースの料理に合わせてワインも任せていただいて、一皿一皿の内容に合わせてワインの種類を変えてサービスさせていただいた。
それが気に入っていただいて、それ以来料理に合わせるワインは全て任せていただいている・・・

ご主人はお酒を召されない・・・食事とワインが大好きな奥様の笑顔を見たいが為に、ご来店くださいっている。

ご来店いただいた時点で、まずは食前酒にシャンパンをサーブ・・・
アミューズの前にまずはブータンノワール(豚の血のソーセージ)をつまんでいただき、ころあいを見てアミューズ・・・今回のアミューズは、香草とエシャロットと一緒に白ワインで一煮立ちさせてマリネした南フランスラングドック産のオリーブと北イタリア産仔ウサギのヴィネグレット和え・・・(シャンパンと良く合うんだよなぁ・・・♪)

まず、ここで奥様の顔が緩み始める・・・

「今日のコースの内容は、どういった内容になりますか?」
とご質問いただいたが、
「実際に見て驚いて頂きたいので、敢えて今は説明を避けさせていただきます・・・」
といって、お断り・・・
期待感の膨らむ表情を見せてくれた・・・

そして、シャンパンが終わり前菜に合うワインを・・・ブルゴーニュはコートドボーヌをサーブ・・・
今まで前菜の時には白ワインだったものだったから、少し驚いた表情を見せる・・・

そして前菜は・・・
☆皮を軽くあぶったフランス産山鳩のバロンティーヌ セロリラーブと“インカの目覚め”のサラダ添え

☆ジビエとフォアグラ 茸のパテ コニャック風味 エリンギのムース トリュフ風味のダンテール サラダ添え

お二人の会話は、食事とワインの事のみ・・・
僕と目が合えば、
「美味しいです♪ワインも良く合います・・・アリガトウございます」

前菜の時点で同じワインをおかわり・・・

奥様はご主人に

「本当にワインいらないの?こんなに美味しいお料理にワインがないなんて信じられない♪」

そう言いながら悦に入り始めている奥様の顔を見て、幸せそうな笑顔で見つめるご主人の優しい目・・・

そして、前菜が終わりメインディッシュをサーブ・・・

★根室産 雌蝦夷鹿ロース肉のポワレー グランヴヌール

★雷鳥と鶉の卵のブリック包み上げ 燻製風味のマッシュポテト 軽い春菊のクリームと内臓入り赤ワインソース

ここで次のワインは、シラーのしっかりしたタンニンとグルナッシュの厚みのある果実味のきいたコートデュローヌ・・・

奥様からもご主人からも

「美味しい・・・♪」

言葉しか出てこない・・・

そして、デザートはカンパリとシャンパンで風味付けしたサバイヨンと一緒に焼き上げたオレンジのグラタン仕立て・・・

最後にハーブティー ベルベーヌとカモミールをお召し上がりいただいて・・・

「本日はいかがでしたか?」
と伺うと・・・

ご主人から、サービスマン冥利に尽きるお言葉・・・

「僕ね・・・ここのお店で食事していると、一切仕事のことが頭から消えるんですよ。
他のお店で食事しても仕事のことが頭から離れることはないし、リゾート地にいっても仕事のことが頭から離れないんですよ・・・だから、ここでの食事が僕には一番のリゾートなんですよね♪」

それなりに高い金額をいただいている以上、すべてのお客様に日常から離れた癒しを楽しんで頂く事が、何よりも大切な事と想いサービスをしているけど、ここまで僕が望んだとおりの言葉を頂くと、やっぱりうれしいなぁ

そして、お帰りの際にシェフと一緒にご挨拶に伺うと・・・

ご夫婦そろって、満面の笑顔で、

「いつも美味しいお料理、アリガトウございます♪」

辞められないなぁ・・・この仕事・・・♪

魅惑の食 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/20 (Mon) 一日の生活リズム

本来夜型の僕がなんと驚くことに、24時前後に就寝して朝7時過ぎに起きるという恐ろしく健康的な生活をしています。(友人からはむしろ心配されていますが・・・)

朝起きて昔から一番大切なのはコーヒーを入れること。この作業が僕の眠った目を覚まして、おいしく入ったコーヒーを飲んでから身支度をはじめる。

身支度が済んで出勤。
最近すべての移動で、時間が多少なりかかろうと地下鉄を使わないことにしているんです。移動中仕事の資料見るなり メール見るなり 本読むなりすることは色々あるけど、地下にいるよりは地上の風景が見えているだけで、気分がまったく違うんですよね~。
地下鉄よりも時間が読めないということはあるんだけど、それなら少し早めに動き始めれば良いじゃん♪意外とこんな時間が気持ちにゆとりを作ってくれますよ♪

バスを降りて、職場まで10分弱歩いて向かう途中でコンビニによって、ジュースとパンを買って職場で食べるんだけど・・・
コンビではなくてバールがあったらな~って特に最近思っちゃうんですよね。僕がコンビニに必ず寄っているのは、買い物が目的というよりはバスを降りてから職場に着くまでの間にワンクッション置きたいから。だけど、コンビニってワンクッション置くには買い物以外の手段がないんですよ。

例えば、その日一日の仕事が割りと通常業務中心であれば、職場以外の人と少しでもコミュニケーションとれる空間。朝から重要な会議があるとき、前の日までに用意したスピーチの緊張感を一度解す為の空間。前日の接待疲れを一度リセットする空間など等。
その日一日の仕事のリズムをつくるのに、職場に着く前にバールでカプチーノを飲みながらクロワッサン食べる時間がおけたら良いと思いません?
コンビニよりももっと良いクッションになると思うんだけどな~

breakfast


職場で一仕事一段楽したとき 資料作りで煮詰まったとき 差ほど時間は無いけど一度外に出て過ごせる空間って、人それぞれ持っていたりするとは思うんですが、バールがその役目を果たしてくれる。特にイタリアのバールは飲食の空間でありながらコンビニとしての役目もあったりするんですよ。
だから、別にエスプレッソを飲む為ではなくて、ミネラルウォーターかなんか買い物に出るだけでも、僅かながらでも気持ちのリセットできる事ってありません?

caffe


そして、一日の仕事をおえて帰宅時。無難に仕事が終えられたにしても 大きなプレゼンの緊張感で普段以上に疲れたとき 上司に怒られて落ち込んでいるとき ワンクッションあると違うんですよね。
一杯のワインがお仕事モードから気持ちを切り替えてくれる。

ronabar.jpg

こんな日々の生活リズムを支えてくれる空間 僕自身にとって今一番ほしい空間なんですよね。

そして、僕がやりたいお店です♪

会社の近所に行きつけのバール一軒、皆さんにはいかがですか?

魅惑の食 | trackback(0) | comment(0) |


2009/01/07 (Wed) ♪七草パスタ♪

 今年のお正月は結局自宅で寝正月。暴飲はあまりしなかったけど御節とお雑煮を食べ続け、焼肉も食べたので、いい加減洋食が恋しくなり近所のスーパーへ。
 特に何を作るかも決めずに行ってみると、七草粥の商品が色々並んでいる。七草のドライフリーズや七草粥のレトルト等々・・・。そこで、七草の野菜が小分けになっているパックを購入して、「七草とシラスのスパゲッティーニ」を作ることに!

材料;七草(芹 薺 ゴギョウ 繁縷 仏の座 菘 蘿蔔)、釜揚げシラス、にんにく一片、スパゲッティーニ

1,芹 なずな ゴギョウ 繁縷 仏の座は、水洗い。菘(カブ)と蘿蔔(大根)は葉は小口切り、根はさいの目切りで軽く下茹でしておく。

2,フライパンにオリーブオイルを引いて、つぶしたにんにく一片を入れて熱する(アーリオ・オーリオ)。にんにくの香りが付いたらにんにくは取り除き、ここに茹で上がる2分前のパスタを投入して茹で汁と下茹でした菘と蘿蔔を投入して具とアーリオ・オーリオを絡めながらパスタを茹で上げて仕上げる。

*因みに我が家ではパスタの茹で汁は、海水の味がするくらいの濃度が目安です☆

3,フライパンで仕上げたパスタをお皿に盛り付けたら、水洗いした野菜と釜揚げシラスを盛り付けて完成!

七草


七草の内カブと大根以外は、割と苦味やえぐ味があるんだけど、カブと大根の甘さと釜揚げシラスのまろやかな塩気とのバランスが良くて、体にいいものを美味しく楽しめた感じです。

 今日は七草粥の日だけど和食に飽きた方は、是非お試しください♪

魅惑の食 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

カテゴリ

プロフィール

Ray Emilio Murara

Author:Ray Emilio Murara
Sense of Time Web site;
http://sot-jp.net

 立教大学進学後、ビール通に御馴染みの六本木セルベッサにて飲食店サービスの楽しさを覚える

 同じくして、現在「アコギ一本勝負!」というタイトルで全国行脚しながら、東邦音大附属音楽学校で講師も勤めるギタリスト堀尾和孝氏と出会いホリオブラザースにヴォーカリストとして加入。
 一方で、現在J-WAVEでナビゲーターを務めるDJ TAROと出会いクラブDJを始め、飲食店サービスと音楽活動で多忙な学生時代を過ごす。

 その後、飲食業を離れホームページの企画プロデュースに携わり、29歳で飲食業に復帰。
 飲食店4店舗の立ち上げに携わった後、2009年6月「ラミ・デュ・ヴァン“エノ”」にて、サービスを勤めながら2009年11月ラミ・デュ・ヴァン“エノ"オフィシャルWEBサイト構築および運用管理を担当

 Cantare,Mangiare,Amore(音楽と食事と恋を楽しむべし)を家訓にそれを生業として、笑顔をこよなく愛し人生を謳歌するイタリア系日本人

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧


Bird Avenue ~スコットランド、小さな庭の仲間たち~

CERVEZA Blog

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。