--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/09 (Fri) さすがコード・ド・ニュイ♪

 ワインの覚え起ての頃はボルドーのフルボディばかり飲んでいたんだけど、飲みなれて仕事でも口にする事が増えてきてからは、プライベートで飲むのは白かスパークリングどちらか。でも、秋が深くなってきてから真冬になってくると、時々赤ワインが飲みたくなる。ここ数年来、一番飲みたくなるのはやっぱりピノノワール。軽快な酸を楽しませてくれるフルーティーなマルサネも良いし、厚みのある果実味を楽しませてくれるコート・ド・ニュイと同じピノノワールでも地域で全く味わいが変わる奥深さ・・・
 とは言え、さすがに厚みのある果実味を楽しもうと思うとどうしても値が張るのもピノノワールなんだよね(T_T)
 で、またまた得意のジャケ買いでジャンクロードボワセ ピノノワール 2006を近所の酒屋で購入♪普段1000円前後で美味しいワインを探している自分にとっては2800円は高価だけど、深みのあるピノノワールとしては手ごろなはずと期待して抜栓☆
 

JeanClaudeBoisset

 そしたら、なんてコストパフォーマンスの高いこと!この日は仕事帰りで食事も済ましていたので、カマンベールチーズと生ハムをつまみにしたけど、鴨が食いてぇ!そんな気分♪ヴィンテージもそこまで古くないくせに、酸をほとんど感じることなく厚みのある果実味は贅沢な気分にさせてくれる。これに併せて、葉巻ダビドフNo.2を併せたら陶酔の域にに達するかも・・・
 次また買っちゃおっと♪

スポンサーサイト

美味しい水 | trackback(0) | comment(0) |


2009/01/05 (Mon) 新年はやっぱりフレッシュなシュールリー♪

 年が明けると特に意識している分けではないけど、爽やかながら深みのある果実味を楽しませてくれるムスカデが何故か飲みたくなる。
 今年も例年通りムスカデなんだけど近所の酒屋で、レコードのジャケ買いじゃないけどラベルデザインが気になり“ル・ソレイユ・ナンテ 2007”を買って、お正月に抜栓♪

Le Soleil Nantais

 通常新鮮な果実味が特徴的なんだけど、このワインは厚みのある果実味が特徴的で、ほのかに感じる酸味が全体の味を纏めてくれているのが印象的。御節のどの料理と併せてもそこまで強く自己主張するわけでもない印象に残る名脇役みたいな感じかな・・・単体で飲むとそれはそれで主役なんだけどね♪

正月早々個性的なワインとの出会い・・・今年の人との出会いもこうなりそうな予感♪(いつもどおり?)

美味しい水 | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/14 (Tue) Maniva 硬度112.6


 マニーヴァ(Maniva)はイタリア・ブレシア郊外とアダメッロ自然公園を境界とするバゴリノ(Bagolino)地方に聳え立つアルプス山脈を水源地としています。軽い飲み口で、ミネラルをバランスよく含み、地中海料理のお供に最適です。

イタリアではテーブルウォーターとして広く愛飲されており、白身魚のカルパッチョや海老とアヴォカドのカプレーゼなどの前菜とよく合います。口当たりの柔らかいガス入りのマニーヴァは、ミネラルウォーターになじみがない人にもなじみ安いと思いますよ♪

美味しい水 | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/14 (Tue) QUARZIA  硬度204.4



 ボトルが綺麗ですよね。本当にテーブル栄えするんです。でもね、このお水は見た目だけじゃないんですよ。泡の口当たりは高級なシャンパンの様で、口の中を爽やかに洗い流してしてくれます。水源がアルプス山脈を臨むイタリアのコモ湖の近くである事が妙に納得できる味です。料理は生ハムや和牛カルパッチョ等お肉系の前菜なんか良く合いますよ。

美味しい水 | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/14 (Tue) SOLE 硬度394.0


 古代ローマ時代から広く知られています。悪癖が蔓延した中世には修道院の管理下におかれて治療用の水として珍重されたお水です。泡立ちが優しくすっきりとした味わいは、独特のデザインとともに、「料理に合わせやすい水」として1997年、1998年、アメリカの料理協会による「ベストミネラルウォーター賞」を受賞しています。
優しく繊細にグリルした牛フィレや海老マカロニグラタン等と合わせてみて下さい。料理の味がより引き立ちますよ。

美味しい水 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

カテゴリ

プロフィール

Ray Emilio Murara

Author:Ray Emilio Murara
Sense of Time Web site;
http://sot-jp.net

 立教大学進学後、ビール通に御馴染みの六本木セルベッサにて飲食店サービスの楽しさを覚える

 同じくして、現在「アコギ一本勝負!」というタイトルで全国行脚しながら、東邦音大附属音楽学校で講師も勤めるギタリスト堀尾和孝氏と出会いホリオブラザースにヴォーカリストとして加入。
 一方で、現在J-WAVEでナビゲーターを務めるDJ TAROと出会いクラブDJを始め、飲食店サービスと音楽活動で多忙な学生時代を過ごす。

 その後、飲食業を離れホームページの企画プロデュースに携わり、29歳で飲食業に復帰。
 飲食店4店舗の立ち上げに携わった後、2009年6月「ラミ・デュ・ヴァン“エノ”」にて、サービスを勤めながら2009年11月ラミ・デュ・ヴァン“エノ"オフィシャルWEBサイト構築および運用管理を担当

 Cantare,Mangiare,Amore(音楽と食事と恋を楽しむべし)を家訓にそれを生業として、笑顔をこよなく愛し人生を謳歌するイタリア系日本人

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧


Bird Avenue ~スコットランド、小さな庭の仲間たち~

CERVEZA Blog

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。