--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/02/23 (Mon) リズム感

最近、長年の運動不足で付いてしまった贅肉を落としてビルドアップする必要に迫られて、高校時代にやっていた水泳をまた始めた。
はじめてみれば、予想以上の筋力の低下にショック!2度目はフォームを体が思い出してきてはいるけど、1,000m程度でやたらと疲れる。
少し考えてみたら気づいた。

「リズム感だ!」

現役でやっていたころ流して泳ぐのであればいくらでも泳げていたのは、一番自分にとって楽なリズムを無意識に体が知っていたんだよな~♪

その「リズム感」って仕事では意図的に意識していて、特に接客時のお客様とのコミュニケーション時に「リズム感」のある話ができるかどうかで満足度が大きく変わってくる。だから、メニューの説明も一品一品に短く わかりやすく 期待感を持たせるキャッチコピーみたいなフレーズを決めて話すようにしている。そうやってそのテーブルの「リズム感」をつかむと、お客様にとっての気持ちいい食事につながるんですよね♪そして、スタッフ同士の良好なコミュニケーションは、店全体の「リズム感」を生んで、お客様からイレギュラーなご希望があったとしても割と流れの中で対応できたりするし、お店全体の空気感が気持ちよくなって、お客様の満足にも繋がる♪

音楽はもちろんリズムがあってのものなんだけど、ライブでMCに入った時にもトークに「リズム感」がないと、全体の流れがズタズタになっちゃって、どんなに一流の演奏しても素人のライブになっちゃうし・・・(プロのミュージシャンは僕の知る限りみんな話し上手で、リズム感のあるトークをするけど)

小説も「リズム感」がものすごく大切な要素で、文章にリズム感があってはじめて行間から絵が見えてくる。僕の大好きなイタリア人作家のアントニオ・タブッキは、散文詩的な文章が特徴的で、まともに一語一句意味を考えながら読むと難しいんだけど、文章のリズムを一度捕らえると、場面の移り変わりや台詞によって描かれている一枚の大きな絵を眺めているうちに、その世界に迷い込んでしまった錯覚を覚える。彼の名を知らしめた作品インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)をぜひ読んでみてください。
この作品は映画化もされていて、こういった作品は映画化されるとがっかりすることが多いんだけど、小説の世界観が見事に映像化されているので、敢えて小説を読んでから観てみると面白いと思いますよ。インド夜想曲 [VHS]

映画は、先日日本アカデミー賞を受賞した久石譲さんや以前映画のタイトルバックでも紹介したヘンリー・マンシーニ ラロ・シフリン バート・バカラックといった映画音楽の巨匠たちを見てもわかるように、音楽がかなり重要な存在で、映像と音楽が絡み合った名作はたくさんある。
だけど、あえて大胆なカット割で映像自体の卓越したリズム感のある名作といえば、やっぱりジャン・リュック・ゴダール監督ジャン・ポール・ベルモンド主演の勝手にしやがれ【字幕版】 [VHS]ですね♪
監督本人にとっては配給会社の注文で、相当投げやりに編集したらしいという話もあるけど、結果的にはすばらしい「リズム感」を生んでるから面白い♪




そして、政治もリズム感なんだなぁ~と感じさせられたのは、オバマ大統領の演説。
先日、広告批評 334号(2009年2月号) (334)で「オバマの広告力」という特集をやっていたんだけど、聞いていても誰にでもわかりやすい言葉なんだけど、確かに「リズム感」がすばらしくて、キメ台詞の入れるタイミングもぐっとくる。特集記事で演説の文章があったんだけど、文章にしても「リズム感」が伝わる。
だから、こうしてそのまま音楽になっちゃう分けですね★




そう考えると、「リズム感」って感性のひとつではあるけど、知性の根源でもあるのかなぁ~などとも思う。音楽もリズムにメロディがのって初めてミュージシャンの意図が伝わってくる。スポーツもたとえばサッカーは一度ペースをつかむと、選手同士がオートマティックに効率よく動き始める。言葉もリズムに乗っていると、一語一語に奥行きが生じてくる。(小説の行間というのはまさにこれですね)

そして、これらのバックグラウンドを磨くにも、「リズム感」はやっぱり大切で、「ものを知ろう」「人を知ろう」という知的欲求を満たすためにも「リズム感」は大切だし、トレーニングももちろん、規則正しい生活リズムがあっての健康だし。

ダイエットも「リズム感」!

さぁ、これから泳いできます!

今日は泳ぎのリズムを思い出すのが課題(いきなり思い出せるのかな・・・)

スポンサーサイト

Sense of Time ~ リズム感 | trackback(0) | comment(0) |


2009/02/10 (Tue) 休日の至福

昨日急に決まった事もあって何も予定のない今年初の完全OFFだったので、自ら完全引きこもりになる事を決意。寂しがり屋なものだから決心しないと引きこもれないのも問題なんだけど、たまに引きこもって一人の時間を作ることも自分の頭を整理するにも、大切な休日の過ごし方である事をつくづく感じる一日だったなぁ。
結局、映画を観たり本を読んだりしたいところだったんだけど、結局仕事の事を考える一日に終始してしまったのは、よかったのか悪かったのか・・・?

でも、一日の最後に昨年ダビドフさんの好意で取り置きしていただいて手に入れたROBUSTO COLECTIONの中から、ZINOさん生誕100周年で限定発売されたRobusto100を食後のコーヒーと共に嗜むぜいたくな時間を過ごす事ができたので、満足な休日を過ごす事ができた。

着火時はマイルドな味わいだったけど、中盤から後半はスパイシーで力強い味わいで、ダビドフにしては割りとワイルドな意外性を楽しむ事ができた。ダビドフはどのシリーズもそれぞれの明確な個性の中にアロマも味わいも洗練された繊細さが共通しているのだけど、これについてはドミニカよりもキューバ時代のある種原点回帰みたいなテイストを感じたのは僕だけ・・・?(リングが始めからないところを見るときっと原点回帰を意識しているはず)

一人でシガーを嗜む時間って、一本の映画に心を震わせることと同じ価値のある時間そのもの。
十分疲れを癒されて明日の活力を得る事ができたところで、よい眠りに入れそうです。
davidoff100.jpg

癒しのシガー | trackback(0) | comment(0) |


2009/02/05 (Thu) Coffeeで思う事

もう8年ほど前のこと、一ヶ月仕事の休みを貰ってイタリアに1ヶ月間旅行に行った時の事。
友人の迎えを待っていた早朝、エンポリの駅前のバールで事件があった。

その警察官は、朝のパトロールに出るときまず最初にそのバールでコーヒーを飲んでから仕事が始まるらしい。ところが、仕事前の大切なコーヒーの味がいつもと違うと、毎日顔を合わせて親しくしているらしいバリスタに怒り始めた。
いつもどおり味のブレがないように細心の注意を払って仕事をしているバリスタにとっては、たまったもんじゃない。「いつも入荷している豆の状態を毎日確認した上で出しているんだから間違いはない。むしろお前の体調管理の問題じゃねーの!」(これは親しい間柄だから言える台詞だと思うけど・・・)
怒っている警察官といえば「朝のコーヒーが俺の一日の仕事の具合を決めるんだから、もっとちゃんとお前も仕事してくれよ!いつも同じに入れられないなら、他のバールに変えるぞ!」
ここから先はくだらない口げんかではあったけど、どちらの意見も冷静に聞いている僕にしてみると妙にどちらにも納得してしまった。

僕自身、コーヒーは嗜好品を越えて生活必需品になっていて、コーヒーを入れる事自体が、寝起きの悪い僕のアタマを活性させる為の一仕事。美味しく入ったコーヒーを飲めば、その日一日の気分が晴れやかになる。そして、食後のコーヒーも大切な存在で、ランチ後のコーヒーは気持ちを切り替えるのに必要だし、夜ご飯の〆のコーヒーは明日の活力。
だから、警察官の怒る気持ちはよく分かる。

以前、イタリアンバールで働らいていた頃、入荷される豆の状態が安定しない理由を知りたくなって、近所で生豆から焙煎しているコーヒー屋さんで、自宅のガスコンロで焙煎できるハンドロースターを購入。実際に自宅で焙煎をしてみると、同じ地方の豆でもやっぱり生もので、味の傾向は変わらずとも収穫時の出来次第でやっぱり多少の味の質の変化はある。煎り具合やその日の気候にも影響を受ける事も分かっていてその誤差を出来る限り小さくする努力は仕事でもしていたので、絡まれているバリスタの気持ちもよく分かる。

食に関わる仕事をしていてつくづく思うのは、どんなに技術があっても素材は生ものだから、素材を見る目と素材の状態に併せた調整が出来る事が作る側にとっては大切なこと(というかプロとしては当たり前のこと)。でも、その一方でそれでもそこで生まれる変化を受け入れるおおらかさも、食を楽しむためには大切な事なのかな~と思う今日この頃・・・

今はバリスタの仕事はしてなくても、自宅で入れるコーヒーは全く妥協してませんがね♪
(こだわりすぎかな・・・・でも、僕の性分なのでしょうがない)
ちなみに、今僕が最も好きな産地は“キューバ”☆上品で優美な香りと味わいがタマリマセン♪
特に食後にキューバ産の葉巻(特にGloriaCubanaかPunchPunchPunch)と併せると至福の時間を過ごせます♪

Sense of Time ~ リズム感 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カテゴリ

プロフィール

Ray Emilio Murara

Author:Ray Emilio Murara
Sense of Time Web site;
http://sot-jp.net

 立教大学進学後、ビール通に御馴染みの六本木セルベッサにて飲食店サービスの楽しさを覚える

 同じくして、現在「アコギ一本勝負!」というタイトルで全国行脚しながら、東邦音大附属音楽学校で講師も勤めるギタリスト堀尾和孝氏と出会いホリオブラザースにヴォーカリストとして加入。
 一方で、現在J-WAVEでナビゲーターを務めるDJ TAROと出会いクラブDJを始め、飲食店サービスと音楽活動で多忙な学生時代を過ごす。

 その後、飲食業を離れホームページの企画プロデュースに携わり、29歳で飲食業に復帰。
 飲食店4店舗の立ち上げに携わった後、2009年6月「ラミ・デュ・ヴァン“エノ”」にて、サービスを勤めながら2009年11月ラミ・デュ・ヴァン“エノ"オフィシャルWEBサイト構築および運用管理を担当

 Cantare,Mangiare,Amore(音楽と食事と恋を楽しむべし)を家訓にそれを生業として、笑顔をこよなく愛し人生を謳歌するイタリア系日本人

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧


Bird Avenue ~スコットランド、小さな庭の仲間たち~

CERVEZA Blog

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。