--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/17 (Tue) リズム感Vol.2~小説ホノカアボーイズ読書中

今サービスの仕事をしているレストランのスタッフの女の子から、最近上映がはじまったホノカアボーイの主人公が、原作を読むと僕が同じにおいがすると言われて、気になって読み始めた。

(確かに、近いものは感じつつ読んではいるけど、それについては読み終えたら改めて書きますね。)

今読んでいて面白いのは、文章のリズム感が今まで感じたことのないゆったりとしたリズムで、ハワイの心地よい空気感に浸れる感じ。

わりと僕の好きな作品の多くは、一度リズムをつかむとそれにのって一気に読みきれちゃうんだけど、ホノカアボーイ (幻冬舎文庫)は、一気に読み上げてしまうのが惜しくなるんだよなぁ・・・もっと、この空気感に浸り続けていたくなっちゃうんですよ。

はてしない物語のミヒャエル・エンデの作品の多くは、読み手であるはずの自分自身の姿が鏡のように映し出されてくるから、気になってあっという間に読み終えて、その余韻に長く浸る感じ。

僕の大好きな薔薇の名前のウンベルト・エーコは、緻密に計算された迷宮のなかで冒険している感じで、たくさんの細かいディテールに翻弄される事に喜びを見出すと、割と一息に読み終えてしまう。これもその分余韻の長い作家ですね。

塩野七生さんのローマ人の物語のシリーズなど、歴史上の人物の魅力に引き付けられ歴史の流れがテンポ良く描かれているから、これもあっという間に読み終えてしまう。シリーズの続きが気になって余韻に浸るよりは、テンポ良く次に行きたくなっちゃって、切れると中毒症状がでてくる感じ。

ちなみに、塩野七生さんが文筆家としても絶賛するカエサルのガリア戦記内乱記 は、文章のリズム感はもちろんのこと、敵味方関係なく関わる人たちへの尊敬が損なわれることがない事がよく表現されていて、作家としても一人の人間としても如何にに魅力的な人物であったことが良く分かる。そりゃモテる分けだよなぁ。(僕にとっては時間を越えて会いたい人ナンバー1)

作家によって表現手法が違うからリズムも当然違うとはいえ、その世界に入り込めば次が気になるから読むテンポも上がってくるものなんだけど、入り込んだがゆえにゆったりと浸りたくなるのはホノカアボーイ (幻冬舎文庫)がはじめての経験。

これから劇場に足を運ぼうとしている方は、まず先に小説を読むことをお勧めします。

それにしても、劇場公開している間には、読み終えないとだなぁ。
でも、読み終えるのがもったいない・・・
そんなジレンマにささやかながら苦しんでます・・・

スポンサーサイト

Sense of Time ~ リズム感 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カテゴリ

プロフィール

Ray Emilio Murara

Author:Ray Emilio Murara
Sense of Time Web site;
http://sot-jp.net

 立教大学進学後、ビール通に御馴染みの六本木セルベッサにて飲食店サービスの楽しさを覚える

 同じくして、現在「アコギ一本勝負!」というタイトルで全国行脚しながら、東邦音大附属音楽学校で講師も勤めるギタリスト堀尾和孝氏と出会いホリオブラザースにヴォーカリストとして加入。
 一方で、現在J-WAVEでナビゲーターを務めるDJ TAROと出会いクラブDJを始め、飲食店サービスと音楽活動で多忙な学生時代を過ごす。

 その後、飲食業を離れホームページの企画プロデュースに携わり、29歳で飲食業に復帰。
 飲食店4店舗の立ち上げに携わった後、2009年6月「ラミ・デュ・ヴァン“エノ”」にて、サービスを勤めながら2009年11月ラミ・デュ・ヴァン“エノ"オフィシャルWEBサイト構築および運用管理を担当

 Cantare,Mangiare,Amore(音楽と食事と恋を楽しむべし)を家訓にそれを生業として、笑顔をこよなく愛し人生を謳歌するイタリア系日本人

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧


Bird Avenue ~スコットランド、小さな庭の仲間たち~

CERVEZA Blog

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。