--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/01/18 (Mon) 子供とお婆ちゃんと爽やかなカップル♪

年明け早々連休前は年末の流れそのままに大忙しで、正月から一週間も休んでいたこともあって、休みなれていない僕の体にもきっつい3日間・・・(営業中は楽しさのあまり、疲れを忘れているんだけど、お客さんが帰った瞬間から急に体が重くなるんだよなぁ・・・)

連休明けは、さすがに落ち着いてはいたけど、お客様とゆっくりお話が出来る時間があっただけに、色々とご意見を頂いて、これから仕掛けようと準備していることについて軌道修正が必要である事を認識できたりして、中身の濃い営業・・・そして、僕の脳みそフル回転 (汗)

土曜日は友人のバースデーパーティーで20名貸切
歩き始めて間もない赤ちゃんと幼稚園生と小学生の女の子もいて、大人数になると子供って何故かエキサイトするよね
途中、歩き回っている赤ちゃんをだっこしたらなんか気に入られたらしく、料理出したり皿下げたりと仕事で動き回っている最中も当然の如く関係なく追い回されて、ちょっと焦った・・・けど、手が空いたら必ず彼女のほっぺた触ったりしてたから、ずっとご機嫌さんでいてくれていたけど(僕が、赤ちゃんのほっぺたを触りたかっただけ・・・?あのプニュプニュ感、気持ち良いんだよねぇ)

定休日前の日曜日はランチ ディナー共に一組ずつの予約のみ・・・なんだかんだ忙しかったから、こんな日が一日あると妙にホッとするんだよね

で、ランチのお客様は奥様のバースデーとお母様の喜寿のお祝いでのご来店

「喜寿」って何・・・って言うことで、調べてみると77歳のお祝い。旧字体の「喜」が「七」の字が3つ入ることからあてたお祝いとのこと・・・

で、ご来店いただいて見てみれば、77歳とは思えない・・・とても健やかに幸せに歳を召されてきたことが、見て取れる・・・

最初の乾杯のシャンパーニュを注いでいると、お母様に凝視されていることを感じつつ、サーブして乾杯
メニューを持っていくと・・・
「日本語随分上手だけど、日本に来て何年ほどたつの?あなたフランス出身でしょ?」
と・・・(まぁ、いつも通りの話なんですが)
で・・・
「国籍は日本で、生まれも育ちも東京なんですよ。僕のおじいさんがイタリア人なんです。」
と話すと、3人そろってイタリア好きで、ご主人は仕事でよくフィレンツェに行くらしく、オーダーとるまでにイタリア話で一盛り上がり

で、ご注文は前菜は奥様とお母様が「ブラウンマッシュルームの温製フラン~活穴子のポルト酒煮 コリアンドル風味 骨せんべい添え」でご主人が「ランド産鴨のフォアグラのテリーヌ」

そして、メインが3人そろって「雌蝦夷鹿ロース肉のポワレー グランヴヌール」

ワインはグラスで食事の流れに併せて、おまかせいただいて・・・

最初のポークリエットとアミューズからいきなり「おいしい」を連呼・・・
(ワインはシャブリを合わせて・・・)

前菜を食べ始めると、お母様のほっぺたがおちそうな表情・・・
(フランにはクローズエルミタージュ フォアグラのテリーヌにはジゴンダス)

メインの蝦夷鹿になると、お母様は感歎の嵐
(ご主人と奥様にはサンジョセフ)

お母様は、蝦夷鹿を食べるのが生まれて初めてだったらしく、
「初物を食べると長生きすると言うから、私もっと長生きしそうだわ♪」
と、とびっきりキュートな表情で

そして、デザートと一緒に、飴細工にろうそくと花火を飾り付けて一イベント

3人の絶頂の笑顔・・・(タマリマセン)

お帰りの際には
「飾り付けのろうそく、持って返って良いかしら?お父さんに報告したいから」
と・・・もうすでにお亡くなりのお父様へのご報告
とても幸せな夫婦生活だったんだろうなぁ・・・なんか、ホロリときそうになってしまいました

そして、ディナーは若いカップルで、とっても爽やかな空気が店に流れ来た感じ・・・

彼女の美味しそうに食べている表情をみて、悦に入っている彼の表情・・・

分かるよ~それが好きで、この仕事やっているから

支配人なんかやっていると、お店の運営面のことも考えなきゃいけないから、忙しい日々が続くと、見失いそうになる危険が常にあるんだけど、今週は子供と家族と若いカップルのお客様に、癒されつつ原点に立ち戻らせてもらえた日曜日

改めてお客様だけではなく関わる人たちに感謝ですね

そして、今日はそんな幸せな気分で迎えた定休日・・・

結局仕事はしておりますが・・・

もっと、たくさんの笑顔が見たいですから♪

スポンサーサイト

My Buisiness | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/12 (Tue) 麗しきアドリア海の女王・・・ヴェネツィア共和国

昨日、NHKの「世界遺産への招待状」で水の都ヴェネツィアの特集・・・

古代ローマからルネッサンス期のイタリアをこよなく愛する僕は当然観ましたよ

古代ローマ崩壊し始めたころ、蛮族の侵入で干潟に逃げ込んだ人たちがそのまま住み着くことから始まったヴェネツィアの歴史・・・

住む場所を広げるために、干潟に打ち込んだ木の杭の上に陸をつくり建物を建築

干潟である以上潮の満ち引きで常に現れている陸地も限られている。陸地面積が限られているから当然食料の問題もある・・・

そこで、生きていくために選んだ手段は貿易・・・共に干潟に逃げ込んだ人たちがお互いに協力して生きていくために選択したのは共和制

697年に共和国として歴史に登場してヨーロッパ最大の海洋国家として華やかな一時代を向かえ、ナポレオンに攻め込まれて共和制を廃して消えていった1797年まで1100年の歴史・・・

自身のおかれている状況がいくら悪かろうと、自分の立ち居位置をしっかり見据えてきた1100年の歴史は、葛藤し続けた人たちの人間くささを感じるし、それがあの国の華やかさを裏付けていると感じる

僕のヒーローカエサルの・・・

~誰にでも現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は見たいと欲する現実しか見えない~(カエサル著「ガリア戦記」より)

っていう言葉を忘れずにいようと心がけてはいるんだけど、つねにその意識を維持し続けるのは不可能だし、読み違いもあるし・・・取りあえずそのブレは少なくはなってきてはいるけど・・・

だから、ヴェネツィア共和国の葛藤し続けた歴史は、見返す度に勉強になるんだよなぁ

葛藤し続けることが美しさの源だよなぁ・・・と

美しいヴェネツィアの町並みを観ながら歴史に想いを馳せる休日でした

興味があったら

海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (中公文庫)
海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈下〉 (中公文庫)

を読んでみてください

僕の愛読書の一つです

冒険する小説 | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/06 (Wed) リズム感Vol,19~ヘアサロンってこう言う事だよなぁ♪

昨年の9月に勤めていたAURUMのスタッフと呑みに行ったとき、彼のイタリア語会話の学校で知り合ったという女の子も来て一緒に飲んだ

その彼女は原宿表参道にできたALDO COPPOLAというヘアサロンで働いているヘアデザイナーさん

人をもてなすと言う意味では、飲食のサービスもヘアーデザイナーもジャンルは違っても持つべきメンタリティーは同じこと・・・と言うこともあって、彼女が仕事に向かうモチベーションの高さが楽しくて話し尽きることなく時間が過ぎていった

その後10月初旬にそこに行ってカットをしてもらったんだけど・・・
実はその時期は、ワインの試飲会ラッシュに加えて僕の飲食サービス以外でも多忙を極めて疲労もピーク、まともに呑んでいるつもりはなくても何故か回りが速く、カットともてなしに感動はしているものの、コメントなんぞ書けるわけもない状態・・・スミマセン

それから3ヶ月後の今日、年末の忙しさでサロンに行く時間もなく放置された髪をカットしていただくために、そのALDO COPPOLAに行ってきました

そのALDO COPPOLAっていう人自体は、ミラノのファッション業界では揺ぎ無い信頼を得ているイタリアのカリスマヘアデザイナーらしく、カットの仕方も人それぞれの骨格や髪質などを見極め、個性を最大限に引き出すという独自のスタイル・・・

で・・・実際にお店に入ると、まずシャンプー台に案内される
シャンプーしている段階で、シャンプーをしながらマッサージをしてくれる
すると・・・

「RAYさん、ゆっくり休んだと言いながら仕事していたでしょ?目のツボの辺りの頭皮が硬いですよ」

バレてる・・・

会ったのは4回目だけど、僕が時間があると何かしら仕事をしていることをしっかり憶えていただいてたと言うこともあるけど、それに対しての観察力がしっかりあるということ

しかも、マッサージをしながら頭の骨格を指先で確認するために必要な時間なんだろうな・・・

カットを始めると、全くカットの仕方が違う(専門じゃないので説明できなくてゴメンなさい)
美容師によってクセはあるから細かい違いはもちろんあるんだけど、素人目に見ても明らかに違う・・・なんか凄く手間をかけている感じ・・・でも、遅いわけではなくて、むしろ早いかも

カットが終わって軽く流した後にカット台に戻ると、まずは頭のマッサージ

気持ち良い・・・

終わって、ドライヤーをかけてもらうと、ひたすら下のほうから見方によっては乱暴なブロー
普段ドライヤーって使わないから、余計に不思議に思って聞いてみると、僕の頭皮と髪質は完全にイタリア人らしく、空気を入れるブローをしないと髪が寝てしまうのと、頭皮にとってもしっかり乾かしてあげないと痛みやすいとの事・・・

セットした後の結果が、これ・・・

ray5.jpg


割と乱れ気味なセットって、なかなか自分でやろうとしても結構難しいんだけど、ALDOさんがいうには、

「ベッドで彼女と乱れた後の感じ」

との事・・・そぉ言われると、なんか出来そうな気がする

調度品もイタリアの家具メーカーがALDO COPPORAの為に特注で作ったものだけを取り揃え、普段もなす側にいる僕が完全に癒されている・・・中々ないんですよ、こんな場所

おかげで新年最初の営業日を最高のモチベーションで迎えられます

好かったら行ってみてください

カット大満足♪

そしてしっかり癒されます ♪

紹介しているサイトもあるので、見てみてください

東京の小さなイタリア

クィンテセンシャリー

My Buisiness | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/02 (Sat) ♪Felice Anno Nuovo♪

年賀状2010


2009年上半期はフリーランスになって実績作りに焦り不安定な半年・・・

そして、焦らず自分が出来る事を一つづつ丁寧に向かいあう事だけを考えるようにしてから、自分の予想を上回る結果が残せた下半期・・・

フリーランスになってみて、関わるたくさんの方々の存在が大きな力であることを強く感じた一年でした

本年は昨年以上にあらゆる事に挑戦していく年と考えてます

まだまだ力不足な僕ですが、本年もよろしくお願いします

Sense of Time ~ リズム感 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カテゴリ

プロフィール

Ray Emilio Murara

Author:Ray Emilio Murara
Sense of Time Web site;
http://sot-jp.net

 立教大学進学後、ビール通に御馴染みの六本木セルベッサにて飲食店サービスの楽しさを覚える

 同じくして、現在「アコギ一本勝負!」というタイトルで全国行脚しながら、東邦音大附属音楽学校で講師も勤めるギタリスト堀尾和孝氏と出会いホリオブラザースにヴォーカリストとして加入。
 一方で、現在J-WAVEでナビゲーターを務めるDJ TAROと出会いクラブDJを始め、飲食店サービスと音楽活動で多忙な学生時代を過ごす。

 その後、飲食業を離れホームページの企画プロデュースに携わり、29歳で飲食業に復帰。
 飲食店4店舗の立ち上げに携わった後、2009年6月「ラミ・デュ・ヴァン“エノ”」にて、サービスを勤めながら2009年11月ラミ・デュ・ヴァン“エノ"オフィシャルWEBサイト構築および運用管理を担当

 Cantare,Mangiare,Amore(音楽と食事と恋を楽しむべし)を家訓にそれを生業として、笑顔をこよなく愛し人生を謳歌するイタリア系日本人

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧


Bird Avenue ~スコットランド、小さな庭の仲間たち~

CERVEZA Blog

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。